大自然の小さなやまめ小屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 高下岳

<<   作成日時 : 2010/05/12 13:28   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 17

5月9日(晴れ?/曇り?/小雨?/あられ?)

今回は和賀山魂の一角にある高下岳に登ってきました。






メンバーはこの間、鶏頭山にご一緒した、yuzzyさんとクマ太郎一さんと私の3人です。



この間の鶏頭山に登った時、高下岳も良いね〜♪ って話になって今回の山行が決定となりました。v(。・・。) イエィッ♪


いろいろな方から情報を頂いた結果、数ある高下岳の登山口の中から高畑コースを登る事にします。



情報によると登山口までの林道には倒木などが数ヶ所あり、車高の低い車で無いと通れない。っとの事だったので集合場所から私の軽自動車に三人乗り込んで登山口に向ます。
(帰りには倒木は撤去されていました。)



県道1号線から高畑コースへの林道に入ると情報通り、林道には道を斜めに塞ぐ形で倒木がありましたが、私の軽自動車はなんなくクリア!



高畑登山口に到着です!ヽ(^∇^*ノ =з=з











画像











枯れ葉が敷き詰められた広い登山道を歩き始めます。



天気予報では今日は  との事でしたが実際のところ、なんとも怪しい曇り空です。



どうやら、標高1300〜1400M付近きに厚い雲が覆い被さっているようです。



あれれ? 高下岳って確か?標高1300M位じゃなかったかな?












画像













登山口から15分も登ると・・・・・。(=^_^=)



そこには見事に色付いた イワウチワの群生! 



正直、今日はお花を期待してた訳じゃなかったので、このイワウチワには驚きました。








画像








一斉に写真タイムです。 パシャ!Σ[ ◎ ]}ー´)!







画像













マンサクの花を見ながらも広く歩き易い登山道を登っていきます。









画像




















すると・・・・・・。



こんどはなんと!(^_^)v



これまた、想定外のカタクリの群生地。












画像












今日は最初から残雪歩きの山行がメインだった為、正直お花は全く期待してなかったので、このイワウチワとカタクリには感激です。



しかも、結構長い距離の登山道脇を綺麗に彩っていました。



それでも、約1時間近くも登ると、さすがに足元には白い残雪が現れはじめます。



奥に見えてる高下岳山頂付近もまだまだ、たっぷりと雪に覆われているようです。









画像











残雪の上を登ります。



ツリースポットを見たところ雪の深さはまだ、1m40〜50cm位はあるようです。



今回は登り始める時にスノーシューが必要な位の踏み抜きがあったら潔くあきらめて、下山しよう!って事で登ってきたのでアイゼンしか持ってきてません。(笑!









画像











しっかりと、残雪を楽しみながら登ります♪










画像












クロベの老木を パシャ!Σ[ ◎ ]}ー´)!








画像
















徐々に山頂に近づくにつれ、その勾配はキツメの斜面となって来ました。



この日は蹴り上げるつま先が雪へと食い込み思いのほか歩きやすかったです。








画像











ここの広々とした雪渓歩きは本当に気持ち良かった〜♪ 









画像












画像














画像
【男助山、女助山と御所湖を望む。】














画像




















手に届きそうで、中々近づかない高下岳山頂。








画像















画像
















こちらは、高下岳南峰。






画像












今回は残雪の上を登り、夏道を完全に無視して歩いていた為に頂上直下の残雪が切れた所で少し、藪こぎをする羽目に・・・・。(>_<)



大した距離じゃ無かったけど、その藪こぎが想像以上に大変でした。 



そして、無事に夏道へ合流して山頂を目指します。



やっぱり、刈り払いされた夏道は歩きやすしですね。
















高下岳山頂に到着!v(。・・。) イエィッ♪










画像
















画像
















山頂に着くも残念ながら深いガズに覆われ、眺望は一切無し!(笑!



せめて和賀岳からコケ平までの山容が見たかった・・・・。



しかも、しかも・・・・。



アラレ? ヒョウ?まで降ってきてしまい、その小さな氷の固まりが顔にぶつかり、メチャクチャ痛い! 


とてもじゃないけど、長居を出来る状態では無かったので速攻下山開始です。(笑!



テクテクと下り、チョットした広場を見つけてそこで  タイム。



ゆっくりと   で寛ぎます。



なぜか山頂から離れると、空が明るくなって来るんですよね〜〜。



これは一体・・・・・。







だれだ〜〜? 日頃の行ないが○○○なのは・・・・・?(笑!











画像画像

























そんな、こんなでゆっくりと  を楽しみ。



無事下山完了です。



今日の高下岳、残雪を楽しく歩く事が出来ました。(=^_^=)



お花にも会えて、ほんと!

























よかった。よかった。(=^_^=)








画像











yuzzyさん! クマ太郎一さん!


ほんと楽しかったです。


ありがとうございました。 m(_ _)m


また、ご一緒しましょうね♪


ヨロピクです。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは
さすが和賀山塊。「残雪」のスケールが違いますね
しかも雹が降るなんて(笑
真冬の景色見せていただいてありがとうございます
Makinobayashi
URL
2010/05/12 14:29
こんにちは!
高下岳レポート、待ってました〜!
さすが和賀山塊、雪深いですね!
イワウチワもあるんですね。
来週末(と言っても金曜日晴れたら、ですが)あたり
ここか秋田駒かどちらか歩こうと思っています。
ダメモトで。
ミツガシワ
2010/05/12 15:28
makinobayashiさん
こんにちは!

高下岳、もう少し雪が多ければ山頂直下を直登出来たのですが、今回は薮こぎをしなければいけませんでした。(汗! まぁ、最初から夏道を登ればよかったのですが。(笑!

山頂直下の斜面はスキーでも滑れるくらい広くて、ほんと気持ち良かったです。
ただ、頂上でのアラレには参りましたけど・・・。
やまめ
2010/05/12 18:36
ミツガシワさん
こんにちは!

高下岳のイワウチワとカタクリの群生はとても綺麗でしたよ♪

来週末に高下岳か秋駒ですか?
良いですね、どちらもまだ残雪がたっぷりとあると思います。秋駒は踏み跡があるかもしれませんが、たぶん高下岳の踏み跡は期待できないと思いますので、十分にご注意下さいね。
いすれにしても、地図、コンパスはお忘れなく♪
この日も所々、コンパス、地図、GPSで確認しながら登って来ましたよ。(^-^)/
やまめ
2010/05/12 18:43
こんにちは!
残雪がまだまだ1M以上もあるんですね!
それと思いがけずイワウチワもお出迎えなんて♪

ん〜 ホント良いお山ばかりの情報が盛り沢山で
とても参考になってます!
lacchi
2010/05/12 19:14
やまめさん すいません修正です!
前のコメントはkacchiでした(^^;
kacchi
2010/05/12 19:28
おはよう御座います、夏道無視して
藪漕ぎさせてしまって済みませんでした(笑)
しかし和賀山塊は良いですね、夏の縦走、来春は羽後朝日にも行ってみたいですね
クマ太郎ー
2010/05/13 08:21
kacchiさん
おはようございます!

和賀山魂にはまだだま、たっぷりと雪が残ってて残雪歩きを楽しむことが出来ました。(^0^)v

正直この日、お花は全く期待して(考えて)なかったので登山道を飾るイワウチワを見つけた時は嬉しかったです。  近くに良い山が沢山あってほんと幸せですね♪
やまめ
2010/05/13 08:38
クマ太郎一さん
おはようございます!

あはは、薮こぎ大変でしたね。(笑! あの薮の中を“あっ!”っという間に姿が見えなくなったクマ太郎さんはまさしく、熊のような早さでした。(爆!

夏の縦走楽しみです、絶対に実現しましょうね!(^0^)v

羽後朝日!私も気になってました。 来シーズン狙いましょう。(*^-^)ゞ 了解♪
やまめ
2010/05/13 08:44
薮こぎと言えば、先週の金曜日に、畚〜三ツ石経由で松川に下りましたが、スキー背負って行ったのに、薮こぎでした(ToT)

小畚〜三ツ石までが全く雪がなくて、かなりつらかったです( ̄▽ ̄;)
山小僧 !
2010/05/13 10:07
広々とした稜線の残雪歩き、気持ち良さそうですね〜
そのうえ、予想外にたくさんのお花が出迎えてくれるなんて。。。
最高な山行になりましたね〜
でも山頂ではヒョウに出迎えられるなんて・・・
いいことづくめという訳にはいかなかったですね
mikko
URL
2010/05/13 13:06
山小僧!さん
こんにちは!

あはは、スキー背負って裏岩手を縦走ですか?(笑!
この時期にスキー背負って縦走すること事態、普通じゃありませんよ。(爆!
でも、小畚〜三ツ石間はもう雪が無いんですね。 岩手山も連休の時よりも大分雪が融けちゃった見たいで、水場の水槽もすっかりと出たようです。(水は出てませんが)

こうして薮こぎをすると、夏道の有り難さがしみじみわかりますね〜。(≧3≦)/
やまめ
2010/05/13 13:27
mikkoさん
こんにちは!

この日、私たちが山頂にいる時だけ・・・?
天候が崩れた気がするのは気のせいじゃないような・・・?
やっぱり、日頃の行いでしょうかね〜?(笑!

でも、残雪歩きは本当に気持ち良かったです。
いい事もあれば、辛いこともたまにはありますよね〜。
やまめ
2010/05/13 13:36
こんにちは〜。
この日はせっかくお誘いいただいたのに行けなくてすみませんでした〜。母の日イベントがあったもので…。
私も同じコースを登ったことがありますが、その時と比べるとだいぶ雪解けが進んでいますね〜。見覚えのある景色もありますが、あれ?こんなとこあったっけ?という写真も多かったです。やっぱり、ご一緒しても案内なんてできなかったですよ〜(笑
山頂付近、天気があまり良くなくて残念でしたね。…ん? この日はたしか下界は晴れていたような…(笑
ちゃってぃ
URL
2010/05/14 12:35
ちゃってぃさん
こんにちは!

今回はちゃってぃさんの記録を参考にさせてもらいました。m(_ _)m
そしてら、ちゃってぃさん達は4月に登ってましたね、やはり1ヶ月も違えば積雪量はかなり違うと思います。 残雪の高下岳は初めてでしたので、今回の山行で大体のコースどりも分かったので来年はもう少し早い時期に攻めることが出来そうです。(^0^)v 

この日って、確かに・・・。
下界は晴れてたような・・・・。? (^^?
うぅ〜〜ん? なんででしょうね〜〜?(笑!
やまめ
2010/05/14 13:19
こんにちは〜!
昨日まで秋田に出張でコメントが遅くなりましたm(_ _)m
高下岳、ありがとうございました!
思いがけず花盛りでしたね〜!山頂は残念でしたが、この3人の誰かが「あられ男」なんでしょうね(>_<)
yuzzy
2010/05/15 08:58
yuzzyさん
こんにちは!

こちらこそ♪ ありがとうございました。
残雪のお花も楽しい山行でした。(^0^)v

それにしても、あられには驚きましたね。
「あられ男」.....。 
いったい。だれ・・・。?(笑!

やまめ
2010/05/16 17:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
高下岳 大自然の小さなやまめ小屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる