赤林山

1月11日(晴れ)
今日は昨日に引き続き、yuzzyさん、ちゃってぃさん、ツートンさんと私の四人で志和四山?の一つ赤林山に登ります♪





昨日の姫神山登山の帰り際に急きょ決まった赤林山への山行。(笑!


赤林山には三回目の登山となる私も積雪期の記憶が今一つ曖昧でしたが、結構大変だった様な気がします。


赤林山は私の自宅からほど近い里山です、登山口から山頂まで約3kmの距離と表示してありますが、果たしてその表示が正しいか?どうか?(笑!


率直な感想として3km以上の距離が有るように思えるのは大小連なるニセピークの登り降りが連続するコースだからかもしれません。



ここ赤林山には何ヶ所か登山コースが有るようですが、今回は一番ポピュラーなコースでもある、矢巾温泉からのコースを登ります。(←実はこのコースしか登った事が無いので他のコースをしりません。笑)





登山口の駐車場で準備を済まし歩き始めます、歩き始めの雪質が締まった硬い雪だったのと、登山口から歩いてすぐに小さな沢を渡らなければいけないので、スノーシューは手に持ったまま歩きは始めます。


小さな沢を渡り、その場の雪質がクラスト状だった為、スノーシューはザックに括り付けてツボ足で登る事にしました。






画像








赤林山は最初から超急登です。 


ウンも言わさず胸を突くような急斜面を直登します。(大汗!


それでも積雪は思ってたよりも少なくツボ足て登れましたが、それも最初の尾根伝いの下りを過ぎた当たりから今までのクラスト状の雪質から徐々に柔らかい雪へ変ってきました。


足元を覆い隠す雪の量も増して来ますが、まだツボ足でも大丈夫です。








画像











画像









尾根伝いの急勾配を登って行き、小ピークから鞍部へと歩を進めると、徐々に西風に晒された登山道には大きな雪庇が見え隠れする様になってきます。  この辺りから踏み抜きがひどくなり、太ももから股間まで埋もれてしまい、ツボ足での歩行は困難なため、スノーシューを装着する事にします。



スノーシューに履き替えてから、何度かニセピークに騙されながら深雪の上を這うようにして登って行きます。



それにしても、かなりの重労働でした。 








画像










そして、予定してた時間より少しオーバーしてしまいましたが、






約3時間で赤林山山頂に到着です!v(。・・。) イエィッ♪






いやぁ~、本当に深雪の急斜面の登りはきつかったですね!





画像







画像
【珍しくツートンさんもバテちゃったかな?】








ハイポーズ! パシャ!Σ[ ◎ ]}ー´)!







画像









この日、時間に余裕があれば頂上でツェルトの張り方の勉強会をしましょう♪っとの話もしてたのですが、思いのほか時間がかかり過ぎていた為、ツェルトの勉強会は次回へ持ち越しです。



今日の赤林山山頂は無風でとても穏やかな気候に包まれていました。



頂上で  を楽しみ下山開始です。



下山はなんとも笑い声が耐えませんでした。 


なぜ?っと言うと・・・・。


深雪の急斜面でみんな、面白いように転びます。(笑!


大の大人が無邪気に雪遊びって感じ・・・・・。(爆!


わたしも、4~5回は尻餅を搗いたかな?


それでも下山は登りの半分の時間もかからずに下山完了です。






いやぁ~、今日の赤林山のラッセルはきつかったけど、久しぶりに登り応えのある山登りが出来て、


ほんと。



















よかった。よかった。






yuzzyさん、ちゃってぃさん、ツートンさん、ありがとうございました♪


また、何処かにご一緒しましょうね。


ヨロピクです。





この記事へのコメント

2010年01月13日 13:20
こんにちは!
赤林山、記憶が薄れていましたが今回また登ってはっきりと思い出しました!
前回の時も何度と無くニセピークに騙されたことを…。
里山と言えど、侮れないですね赤林山!
でも、前日に引き続き楽しい登山となりました~。
アイゼンデビューもしましたし(笑
2010年01月13日 15:05
こんにちは~。先日は赤林山でお世話になりました~。
いや~、里山とはいえ侮れないですね~。全体的に傾斜がきつく足にくるうえに、横移動もそれなりにあるという精神力を試されるコースでした。ちょっとした縦走ルートみたいでしたよね(^^;
ツートンも私も、ひさびさに心底疲れた!という感覚を味わいました。思いっきり体を動かせて気持ちよかったです♪
あ、そうだ。さっそくロープ買いましたよん♪
山小僧!
2010年01月13日 15:07
月曜日の大黒森はめちゃめちゃ吹雪いていましたよ( ̄▽ ̄;)しかも、冬山合宿の翌日だったから、体がかなりブローしてました。かなり転んでしまって、一人で良かったです。カッコ悪いから(((^_^;)赤林山もスキーできますか?
2010年01月13日 15:47
こんにちわ!
やまめさんのレポは何時見ても楽しさが伝わってきて
「うわ~楽しそう^^一緒に行ってみたぁ~い」という気持ちに
なりますよぉ^^
赤林山って下から見ると普通なのに歩いてみると
何度も、頂上?って騙されながら歩くのが、初めてだと
苦い気持ちになりましたね。でも冬も
楽しそうですね^^

いつか何処か連れてって下さいね~^^v
ミツガシワ
2010年01月13日 17:24
こんばんは!

赤林山も楽しそうですね~!
急登が多くて登りごたえがありそうですね!
東根山に比べてマイナーなせいか、ラッセル必至ですね。
私はとりあえずなまった体のリハビリに、家の近所を散歩しました。
近所・・・ですが、ちょっとだけラッセル(笑)
ふかふかの雪は楽しいですね!
来週は山行再開、もとい”登り初め”といきたいところです。
2010年01月13日 17:30
こんにちは
3枚目の写真
腕まくりしたyuzzyさん。暑かったんですね
 踏み抜いたんですか?

今回は下りの写真ありませんね (*_*;
スノーシューでの下りって不安定なんですか?
桜子
2010年01月13日 21:16
皆さん薄着ですね~。
お天気も良かったけれど
急登で身体もホッカホッカだったのかな。
赤林山、夏も登った事がありませんが
結構大変な山なんですね。今回参加出来なくてホント良かった~^^
やまめ
2010年01月14日 12:27
yuzzyさん
こんにちは!
スノーシューデビューに引き続き、アイゼンデビュー!おめでとう♪
増々、お山に嵌りそうですね!(笑!
赤林山のピークのは騙されますね~(笑! 私も三回目の赤林山でしたが見事に騙されました。(爆! 
またご一緒しましょうね!(^0^)v
やまめ
2010年01月14日 12:31
ちゃってぃさん
こんにちは!
赤林山ご苦労さまでした、なかなかの登り応えでしたね!
かなり、Mの勾配でした。(爆!
私も久しぶりに登った~~~~!っと言う、感触を味わいましたよ。(笑!
今度はツェルトの勉強会もしましょうね!(^0^)v
ヨロピクです♪
やまめ
2010年01月14日 12:36
山小僧!さん
こんにちは!
あはは、さすがのスーパーサイヤ人も岩手山は疲れた様ですね! って、そりゃ疲れるでしょう~。(笑! でも、本当に無事の帰還で良かったです。
赤林山はスキーはかなり厳しいですね、細い尾根伝いを登るのと何より勾配がキツイです。その上、木が密集してるのでたぶん無理かと・・・。
やまめ
2010年01月14日 12:47
かっちさん
こんにちは!
赤林山は積雪期はなかなか楽しめますよ。 木々に葉がある時期は登山道も鬱蒼としてますが、今の季節は見通しも少しは良いです。(笑!
南インター方面から赤林山頂上までの尾根と辿れば何個かのピークの上り下りが確認できるますよ。

今度、機会を作ってご一緒しましょうね♪
やまめ
2010年01月14日 12:54
ミツガシワさん
こんにちは!
おっ!いよいよお山に足を運べるんですね♪
良かったですね!(^0^)v
ラッセルもフカフカなら良いけど、ズボズボ!になるとチョットご勘弁です。(笑!
目安として楽しいのは膝下くらいまででしょうか。(≧3≦)/
今シーズン中どこかにご一緒したいですね♪
やまめ
2010年01月14日 12:58
makinobayashiさん
こんにちは!
この日は風が無くて登っていると暑い暗いでしたよ。私も登り初めてすぐに一枚脱いで、二枚で登りました。
スノーシューは踵が効かないので急勾配の下りは大変なんです。(汗!
みんな面白い様に滑って転んでましたよ。(笑!  それはそれで楽しいんですけどね♪ 
やまめ
2010年01月14日 13:04
桜子さん
こんにちは!
赤林山は夏だと2時間かからずに登れると思いますが、積雪期は結構大変です。 
初めてだとルートも判りにくいかもしれませんね。
上り下りが有るのと、急勾配なのでM向きのコースかと・・・。(爆!
次回、山トピメンバーの誰かが“赤林山に登りたい!”って方が名乗り出た時にでもご一緒しましょうか!(≧3≦)/
iwao
2010年01月14日 20:28
こんばんは~(^_^)
赤林山最初から急登なんですね。
月曜日仕事で良かったです。
休みだったらみなさんに超ご迷惑かけたかも
私にはまだまだ赤林山は無理みたいです。
2010年01月15日 02:08
部屋の暖房を切ってからやまめさんのブログを開けるようにすると
臨場感があってなかなか良いです。
見ているだけで、まるで一緒に雪山にいるかのように
手足がかじかんできます。。
そう…私の場合どんなに防寒をしても末端は氷のような
冷たさで、すぐにしもやけになってしまうのです
北国の方たちはしもやけにならないのでしょうか?
それともがお強いから
寒さを寄せ付けないのでしょうか?
同じ日本人でありながら、不思議なことばかりです
やまめ
2010年01月15日 09:38
iwaoさん
こんにちは!
いやいや、iwaoさんなら問題なく登れたと思いますよ。
こんど機会があったら赤林山!ご一緒しますしょう。

今の時期は南昌山もいいかも?(^0^)v
やまめ
2010年01月15日 09:44
ミュウさん
こんにちは!
あはは。 そっか~、冷え性なんですね。
歩いてる時はそんなに感じませんが、休憩など立ち止まると確かにどんなに防寒しても手足が一番最初に冷たくなります。 霜焼けにはここ何年となった事がないですが、冬山は油断大敵! 一つ間違えると凍傷はおろか生死に関わることもありますので十分に気をつけたいです。

でも、雪遊び♪ 楽しいですよん♪ (^0^)v

この記事へのトラックバック