乳頭山 de BC

4月3日(晴れ/雪)
今日は山岳会の “隊長!” と慕われるSさんと二人で乳頭山を目指します!








※ はじめに・・・・。
今回の山行写真ですが、わたしのミスでホワイトバランスの設定がずれてたのに気付かないまま撮影してしまい、家に帰りPCに取り込んでビックリ! 全ての写真が専門用語で言うシアン(青)かぶり状態でした。(サングラスを掛けたまま撮影してたので全く気付かず・・・。)  なんとかカラーバランスを調整して見ましたが見苦しい写真になってしまいました。(汗!  おバカなやまめです。ご了承下さいませ・・・・・・。








Sさん=隊長!なのですが、この隊長ことSさん、網張スキー場に通ってる方であれば一度や二度は顔を会わせている方も多いと思います。 それほど、ほぼ毎日ゲレンデに出没している方で、冬山の経験も一級品であればスキーの腕前は “超~特級品!”っと、私の深雪スキーの師匠でもあります。



そして、今日はその隊長!っと以前から登ろう!っと話してた乳頭山を目指します。ヽ(^∇^*ノ =з=з



朝7時に待ち合わせ、一路乳頭温泉郷へと向ます。 



秋田駒ケ岳を中心に豊富な湯量を誇る、田沢湖温泉郷、乳頭温泉郷はまだまだタップリの積雪でした。



そして、入山ポイントとなる孫六温泉手前から取り付きます。



空は明るく、陽射しも強く! ポッカ、ポッカ陽気です。









画像










画像










取り付きからいきなりの急斜面です。



まだ完全に戦闘態勢に成りきれてない体から、大粒の汗が噴出してきます。



急勾配のため、カニ歩きで斜面を登りますが普段使ってる筋肉と違う筋肉なのか? かなりの重労働でした。



急勾配を登りきり尾根伝いに登って行きます。



陽射しも明るく、気持ちよく歩く事ができます。









画像










スースーと雪面をスキーで撫でるように登って行き、道標のある小ピークまで着ました。



乳頭山ルートを示した道標は頭部分数センチを覗かせ、スッポリと雪の中です。









画像









綺麗なブナ林を登って行きます。


広くひらけた斜面は山スキーには最高の斜面です! 帰路の滑降がメチャ!楽しみです。¢_(^o^¢)_===3


パフパフのパウダーならさぞ最高でしょうが、今日は硬めのバーンに薄っすらと積った新雪です。


まぁ、シュプールを残すには十分な斜面でしょう。ヽ(^∇^*ノ =з=з


ブナ林にオオシラビソ(アオモリトドマツ)が混じってくる場所まで登り、チョット一息。






天気も良く!ほんと気持ちいい♪





画像






超~ご機嫌のやまめ。





画像







テクテクと登って行くと、突如として目の前に雄大な景色は広がります。ヾ(≧∀≦)ノ うっひょー



秋田駒ケ岳から湯森、笊森方面。






画像








画像










目指す! 乳頭山ピークと隊長!を パシャ!Σ[ ◎ ]}ー´)!








画像








広々とした大自然のゲレンデ♪



素晴らしい景色に感激!ヽ(^∇^*ノ =з=з



でも、視界不良の時はかなりヤバそうな雪原ですね。(汗!






画像










ゆっくり、ゆっくり、景色を楽しみながら歩くと田代平小屋と乳頭山ピークが近づいてきます。







画像









画像









この頃には天候も少し傾き気味だったため、田代平の小屋には寄らず真っ直ぐピークを目指します!



遮るものがなにも無い、広い雪面!



目指すは乳頭山ピークを示す木柱! なにも考えずひたすら直登!








画像














徐々に近づくピークを示す木柱にテンションも   







画像









そして、乳頭山(烏帽子岳)頂上に到着!v(。・・。) イエィッ♪







画像画像























画像















神の絨毯も今の時期は白銀の世界!



帰りは神の絨毯を滑り降ります。(=^_^=)












画像













頂上に着いてのんびり・・・・。コーヒータイム  と言いたいところですが、天候悪化の兆し、小雪も降ってきた為視界が利くうちに田代平小屋まで戻る事にします。




頂上直下でスキーを履き、一気に滑り降ります。



アイスバーンの硬い斜面でしたが、障害物が少ない大自然のゲレンデを慎重に楽しく滑ることができました。¢_(^o^¢)_===3



そして、田代平小屋に入り  タイムで~す!








画像









とりあえず、正しい飲み物で “かんぱーい!”






喉を潤す正しい飲み物は最高に旨い! これだから山はやめられん!(笑!



ゆっくりとランチを楽しみ下山開始です。



天候も下り坂でまだ視界は利くものの雪も強めに降ってきました。



ここから念願のツリーランの始まり、始まり!



途中、途中ルートチェックをしながら孫六温泉まで一気に滑り降ります。 ¢_(^o^¢)_===3



その下山時間たったの25分・・・・。 



2時間以上もかかって山頂まで登り、小屋からは “アッ!”っと言う間の出来事でした。 



もう少し下りが長ければいいのに・・・・・。 ←そんな無茶な・・・。



そして、無事下山完了です。(=^_^=)







画像







下山後に休暇村乳頭山荘で  ゆっくりとぬくたまり。




極楽。極楽。 


ここのお風呂には始めて入りましたが、なんと乳頭温泉と田沢湖温泉の2種類の泉質を楽しめます。



二つに分かれた浴槽にはアルカリ泉と硫黄泉が贅沢にかけ流され、空いていたのでのんびりと寛ぐことができました。 ちょっと、お奨めですよ! でも登山シーズンともなればかなり混み合う様ですけど・・・・。







それにしても乳頭山BC! ほんと、最高に!






















よかった。よかった。(=^_^=)







S隊長! 本当にありがとうございました。


また、ご一緒させて下さい。m(_ _)m


ヨロシク♪ お願いしま~す。 








※ あっ!っと言う間に滑り降りたので肝心の写真が一枚もありません。(汗! あしからず・・。






この記事へのコメント

2010年04月04日 22:37
お疲れ様でした
ギリギリセーフ!
少し遅いと、大粒の雪でしたね

やまめさんの写真、とってくれたんですね
Sさん、さすが (*^。^*)
やまめ
2010年04月05日 09:13
makinobayashiさん
おはようございます!

下山後に温泉に浸かる頃には“もっさ、もっさ!”っと雪が降ってきました。(汗!
あと、1時間下山が遅れたら見通しの悪い中の下山となった事でしょう。

頂上に着いた頃から天候悪化の兆しが見えたので早め、早めの判断と行動だったのが幸いでした。(^0^)v

折角、写真を写してもらったのですが・・・。 ホワイトバランスがずれてて真っ青な写真で残念です~。
クマ太郎ー
2010年04月05日 09:18
オッ、乳頭山行ってきたんですね
Sさん、Nさん、やまめさんには良いお師匠さんがいて
羨ましいです、今度やまめさんの弟子に成ろうかな
山小僧 !
2010年04月05日 10:15
うちもBCがしたい!やりたい!滑りた~い\(^o^)/
ちなみにいつもやってるのは、BCではなく、歩行トレーニングですから(((^_^;)知らないフリして、山岳会変えようかな?(爆
やまめ
2010年04月05日 10:58
クマ太郎一さん
こんにちは!

あはは、私の弟子っ子になっても一文の得にもなりませんよ。(笑!
確かに山岳会に入りベテランの方々から教わる事がメチャクチャ多い事は事実です。
もっと、もぅと、いい勉強をしたいと思います♪

でも、ここだけの話・・・。 8割。 2割の会なんですけどね。(爆! ←内緒の内緒ですけどね。(笑!
やまめ
2010年04月05日 11:06
山小僧!さん
こんにちは!

あはは、山小僧!さんならいつでも歓迎しますよ♪
こっそりと、うちの会に入ります?(爆!

でも、岩手県を代表するアスリートをうちの会が引き抜いたとなっては大事になりそうですね。(汗! この際だから二つの会に入ってしまえば良いかと・・・。(笑!

アスピーテも開通間近ですね! 
今年は残雪の八幡平に遊びに行きたいです。(^0^)v
zermatt
2010年04月05日 13:53
やまめさん、こんにちは!
天気、案外良かったようですね。
しかし、やまめさんの師匠は優しくて良いですね~
ウチの隊(救助隊もパト隊も)どちらも職人気質が強くて、何も教えてくれません。
やまめ
2010年04月05日 14:25
zermattさん
こんにちは!

この日、午前中は好天だっんですが、11時頃から次第に雲行きが怪しくなってきちゃいました。
写真でがよく見えるのですが、実は色調整しているので全ての写真が明るくなっています。


>職人気質が強くて、何も教えてくれません。

えぇー? そうなんですか? うちの会の先輩方は色々と教えてくれますよ。
本当に有り難いことですね♪
ミツガシワ
2010年04月05日 16:25
やまめさん、こんにちは!

乳頭山にBC!
羨ましいですね~。
これも、山岳会所属のおかげですね。
山頂付近はまだまだ冬と言う感じです。

春休み、なかなか終わらず(笑)
しばらくは自宅待機状態です。
石ヶ森くらいなら歩けるかな・・・
やまめ
2010年04月05日 16:52
ミツガシワさん
こんにちは!

この日はほんとうに隊長さま。さま。でした。
おかげで山スキーにどっぷりと嵌りつつあります。(汗!
ですが、もうシーズンも終盤ですね。(涙。 もう少し山スキーを楽しみたいのに・・・。

乳頭山は6月初旬まで残雪が残る山域です、今時期まだまだ山頂付近は真冬の装いですよ!(^0^)v

早く、春休みが終われば良いですね♪(笑! 
あら
2010年04月05日 21:26
乳頭山BC行って来たんですね、うんパウダーの時期だと楽しいですよ!
でも、山頂付近は風に吹かれて何時行っても殆どガリガリの固雪の事が多いですけどね^^;
次は、蟹場温泉からのロングコースから行ってみるのも楽しいかも知れませんよ!
やまめ
2010年04月06日 09:50
あらさん
こんにちは!

乳頭山登って来ました!(^0^)v
この時期にしてはパウダーとは言えないけど、雪質も良かったですよ!
山頂直下はガチガチでしたけど・・・・。(汗! まぁ、もろに風の影響を受ける斜面ですから仕方ないでしょうけど。

蟹場温泉からのコース、今地図を見てますが田代平湿原付近は広々してて気持ち良さそうなコースですね。 最初の登り約1時間位がチョット難所かな?
ぱぴらら
2010年04月06日 20:12
うわ~楽しそうですね!!
私もいつか雪山を滑り降りてみたいな~
最後に温泉ってのもイイですね
2010年04月07日 00:23
大自然のゲレンデを一気に滑り降りるなんて
気持良さそうですね~
ベテランの方がいらっしゃるからこそ
楽しめるコースですものね。。。
素敵な師匠さんがいらして羨ましいな~
登り始めは影が出るほどの良いお天気だったのに
下山は天候悪化のギリギリセーフ!
山のお天気は分かりませんね。。。
kacchi
2010年04月07日 00:25
こんばんは!
4月に入っても雪はたっぷりありますね!
スキーかたずけるの早かったかな?(泣
何度も転ぶ私なので、パウダーの時期に挑戦してみます^^
あぁぁ~何年かかるやら…
やまめ
2010年04月07日 08:42
ぱぴららさん
おはようございます!

この日は山登りと超~原始的スキー遊びを楽しんできました!(笑!
大自然の雪面を滑り降りるのは本当に気持ち良かったです。
でも、アッ!っという間に終わっちゃったんですけどね。(笑!
いつか、ぱぴららさんとご一緒できればいいですね!

下山後の温泉はほんと極楽ですよね~♪ (^0^)v
やまめ
2010年04月07日 08:51
mikkoさん
おはようございます!

本当に経験豊富な大先輩の方が周りにたくさん居るので私は幸せ者です。(^0^)v
山登りは奥が深いですね、ひとつ、ひとつ技術と経験を積み重ねていきたいと思います。

お山の天気は変わりやすいから、あっ!っという間に好天から悪天へ変わってしまうので、特にこの時期は油断禁物ですね。 十分に気をつけて楽しみたいです。(^0^)v

やまめ
2010年04月07日 08:57
Kacchiさん
おはようございます!

あれぇ~。 スキー仕舞っちゃったんですか?
これから春スキー本番ですよ♪

来年は私もパウダーの深雪を滑りに行きたいと今から企んでます。(笑!
まず、三ツ石方面を集中的に攻めようかと・・・。

深雪は転ぶと大変! でも転んでも楽しい!(笑! 嵌ると止められませんね♪
2010年04月07日 12:48
念願の乳頭BC行って来たんですね~。
やっぱり夏とは全然違いますね~。のぺっとした斜面は綺麗ですが、悪天になったら怖いですね。
私は冬には行けそうにありませんが、雪が溶けたら、また縦走しに行きたいです♪
やまめ
2010年04月07日 14:47
ちゃってぃさん
こんにちは!

乳頭山!登って来ましたよ。(^0^)v

真っ白な銀世界!神の絨毯は限りなく美しかったです。
私が安全に自信を持って登れるようになったら、ご一緒しましょう♪

夏の縦走も最高のコースですね! 
今年もロングコース! 歩きますか?(^0^)v

この記事へのトラックバック