大自然の小さなやまめ小屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 犬倉山

<<   作成日時 : 2011/01/10 18:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

1月8日(曇/晴れ)
今日は一人、網張スキー場から犬倉山に登ってきました。。









今シーズンは網張スキー場のシーズン券をGETしたおかげで、登れる山の選択肢がチョットだけ増えました。


今日は網張スキー場へと向かいますが、いつものゲレンデスキーでは無く、山スキーの板とザックに冬山の装備を入れて車に放り込み走ります。 


今回の目的はゲレンデを楽しむ為ではなく、ゲレントップから犬倉山へ登るのが目的です。


そして網張スキー場に着くと・・・・。 









物凄い! 爆風!  









あらら・・・。 これじゃぁ、いくらなんでの犬倉山は無理でしょ・・・・。 


全てのリフトは何とか運行してるにしても網張スキーセンター前から見上げたゲレンデトップは風雪に覆われその姿を確認出来ません。


うぅ〜ん? これは今日は犬倉山を諦めてゲレンデスキーに急遽変更を余儀無くされました。 




っと! 


スキーセンター前を通りかかった時、見覚えのある方のお顔です。


そこに居たのは偶然にも山関係でいつもお世話になっているア○ペ○ロ○ズの西○さんでした。 


西○さんは今シーズン初のスキーで足慣らしに一人で来たようで、偶然にもバッタリ!でしたが、私も一人、西○さんも一人と言うことで一緒に滑ることになりました。 


とりあえず第一リフトを一本滑り足慣らし後にゲレンデトップへと向かいます。 西○さんも私も今日は山スキーなのでゲレンデで滑るといってもザックを背負って滑ります。


このザックが有るか?無いか? これって実はとても重要な事で、何も背負わずに滑るのと、ある程度も重みを背負って滑るのでは同じ滑るでもバランス感覚がちょっと違って来ます。


ゲレンデトップから林間コースへと滑りますが、今日の網張スキー場の雪質・・・・・。









パフパフ! フカフカ! の深雪です〜〜。 




もう・・・・。 最高〜〜〜〜〜♪
 









この後、西○さんと一緒に深雪を求めて、非圧雪コースを中心に滑りまくりました。


それにしても西○さんは登山用のプラブーツで滑ってますが、さすがに上手でした。 スキー靴に比べれば足首が固定されない分、滑るのが大変そうに感じるのですが、見た目なんの問題も無く滑る姿はさすがとしか言いようがありません。


なんだかんだと、休憩も取らずに滑りまくります。¢_(^o^¢)_===3


そして12時前まで一緒に滑り、西○さんは午後から用事が有るとの事でしたので、お別れです。


午後からは私一人にで滑ることになりました。


そして、第一リフトに乗り・・・。 第二リフトに乗り・・・。









っと!  









第三リフトに乗ると・・・・。


なんと、風も若干弱まり、犬倉山の山頂までもがクッキリと見渡せます。 


しかも青い空まで広がって来ました。 ヽ(^Д^*)/待ってました♪


こうなると、もはやゲレンデに居る訳にはいきません。(笑!


ゲレンデトップからそのまま犬倉山の鞍部へ登ります。


そして鞍部まで登って来て、周りの景色に目をやると、遠望は利かないにしても犬倉山から姥倉山までもの白銀と化した山容が手に取る様に確認出来ました。









これは・・・・・。


犬倉山まで行けるぞ・・・・・。 ヾ(≧∀≦)ノ うっひょー










画像










画像










風雪によって描かれた風雪紋が美しいかったです。


でも、やはり風は強い・・・。 美しい景色と自然の厳しさが見え隠れする景色でした。


その景色と天候を体で感じて・・・・。









よし! この天候がこのまま持ってくれれば犬倉山まで登れるぞ! 









ここでスキーにシールを貼ります。


スキー板のビンディングをBCモードに変えて歩き始めます。


吹き黙った雪と、風に洗われたクラスト状の雪面をシールが心地良く捉えます。









画像










風と雲の流れが目まぐるしくその景色を変えます。









画像










画像










犬倉山頂上手前のダケカンバの木の枝に行く手を何度も遮られながら登って行きます。


その枝にビッシリと付着した雪氷が枝に白い葉を付けた様に見えました。




画像










そして犬倉山山頂に到着!v(。・・。) イエィッ♪









犬倉山山頂はまだ雪も少なめでしたが、白銀の世界が広がっていました。 


その景色を目にし、ただただ・・・・。




きれいだな〜〜。 っと思いました。 









画像










画像










強風に耐えながら暫らくのあいだ、景色を楽しみ下山開始です。


エビの尻尾も大きく成長していまいた。 長さが20cm以上はあるでしょう。




画像










そして無事ゲレンデトップまで戻って来ました。


今日は最高の雪質の深雪を楽しめた上、諦めていた犬倉山山頂を踏む事ができて。


ほんと。









よかった。よかった。




今シーズンはここにまた登る事になるでしょう。


次回もほんと、楽しみです。 









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
エビの尻尾20cm。イセエビみたいですね
食べたいです

今日、網張にS隊長他、〇鷲の方いましたよ
講習中でした
Makinobayashi
URL
2011/01/10 23:21
強風の中、ご苦労様でした。
この日、自分は鞍掛にいましたが、お昼過ぎてからは牧野を吹き抜ける風が半端ありませんでした。
昨日やっと山スキーの手入れを済ませたので、今週末、天気がよければスキーに出かけたいところです。
タラ
URL
2011/01/11 08:23
おはようございます。
昨日は、こちらはお天気良かったようですね!
私は、鰺ヶ沢(ナクア白神)で滑ってましたが、
1日中吹雪いてました・・・
エビのシッポも大きくなって、見応えありますね!
今月、寒さが緩まないうちに、1度網張に行きたいものです。
ミツガシワ
2011/01/11 08:38
makinobayashiさん
こんにちは!

あはは、伊勢エビのしっぽですね。(笑!

家らの会の方、網張スキー場への出現率かなり高いです。(笑!
って、いうかみんな仕事ですからね。

また、赤い板を持って遊びに行きまーす。(^0^)v
やまめ
2011/01/11 09:21
タラさん
こんにちは!

確かにこの日、風が強かったですね。(汗! でもリフトから犬倉山の山頂が見えた時はラッキーっと思いました。(^0^)v

今週末山スキーですか? 会山行ですか? 良ければご一緒しようかな。
やまめ
2011/01/11 09:24
ミツガシワさん
こんにちは!

鰺ヶ沢で滑ってたんですか!遠くまで出かけていたんですね。 以前、山トピのメンバーと岩木山スキーツアーに出かけた時、一度だけクローズされたアクナ白神のゲレンデを滑りましたが、あまり記憶に残ってないです。(汗! 

エビの尻尾、かなり巨大化してました。(笑! 
ぜひ、網張の非圧雪コースを滑りに来て下さい、状況次第では最高のパフパフを楽しめますよ。(^0^)v
やまめ
2011/01/11 09:30
この日は、八幡平陵雲荘まででした。視界20mくらいだったかな?


陵雲荘付近は、樹氷ができてます。
山小僧!
2011/01/11 10:06
こんにちは!
8日、来てたのですね。
私は、仕事で姫神ホールにいました・・・・

1号が居なかったので、天気が良かったようですが、2号が居たから風が強かったようですね(笑
zermatt
2011/01/11 11:26
山小僧!さん
こんにちは!

たしか、この日は冬山合宿でしたよね、陵雲荘でしたっけ? 大深から三ツ石だと思っていました。

樹氷が出来てるんですね、良いな〜。 私も見に行きたいです♪
やまめ
2011/01/11 12:07
zermattさん
こんにちは!

朝、網張に着いた時は、もの凄い強風でリフト動くかな?っと心配しましたが、三本とも運行してたのでそんなに強風でも無かったのかな?

この日は午後からほんの2時間位の間ですが晴れたのでラッキーでしたよ。(^0^)v

一号、二号・・・。 今年も健在かな?(爆! まぁ、宜しくです。(笑!
やまめ
2011/01/11 12:11
犬倉登れて良かったですね、現場から眺めてましたが
風強そうでしたので心配してました
その内三石に出帳しましょ
クマ太郎
2011/01/11 18:04
クマ太郎さん
こんにちは!

了解(^^ゞ 三ツ石の前にまずは大松倉まで遊びに行きたいと思ってました。
機会を作ってご一緒しましょうね。(^0^)v
やまめ
2011/01/11 18:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
犬倉山 大自然の小さなやまめ小屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる